査定の種類

それでは、実際に不動産の査定依頼を行っていくことになりますが、不動産の査定には、大きくわけて二つの方法があります。
検討段階に応じて、査定の方法が分かれていますので、現在の検討段階に合った方法を選ぶことができます。

・簡易査定って?

不動産の査定において、まずは相場を知りたいといった人向けの、簡易な査定が、簡易査定という方法です。
売却対象となっている不動産の物件概要や、周辺エリアの取引データなどに基づいて机上査定を行い、その査定結果を、メールや電話で受けることができます。

あくまで目安の査定価格を知りたいといった、売却の検討段階が早い時期の人にピッタリの査定方法です。

・訪問査定って?

簡易の査定方法である簡易査定に比べて、より具体的に売却予定や住み替えの予定を立てている人向けの査定方法が、訪問査定です。 不動産会社の仲介担当者が関係法令を含めて対象の不動産の調査を実施。さらには、住まいの内外装までチェックした上で、最終的な査定価格を算出してくれます。

簡易査定が、メールや電話による査定結果の報告だったのに対し、訪問査定の場合は、売主と直接面談しながらの査定結果報告となります。 そのため、より具体的な要望や相談事項などを話すこともできますので、検討段階が進んでいる人に最適な査定方法といえます。
現状の検討段階に応じて、査定の方法を選択するようにしましょう。